胡弓の歴史を辿り…

たったひとつの楽器でも

歴史辿れば幾山河

楽器でつながる地球のカタチ。。。

グローバルな楽器たち

日本の楽器を、と始めた胡弓

しかしルーツ辿れば
時代は下り、国外へ

様 ...

胡弓

嫁入り道具の雛道具。

わずか数センチの大きさに、本物そっくりの紋様に弦。

全国に伝わるお雛さまサイズの可愛らしい胡弓について…。

全国津々浦々:雛道具として伝わるミニチュア胡弓

再現された篤姫さまの” ...

胡弓

あかりをつけましょ ぼんぼりに〜
お花をあげましょ 桃の花〜♪

五人ばやしの笛太鼓〜

・・・

だけでなく、お雛さまサイズのミニミニ胡弓もあるそうな(!)

まずはこちらをご覧あれ。 ...

音楽のチカラ

音に歌に踊りにのせて

素直になる気持ちと

伝わりやすくなる言葉たち

。。。

モンゴルに伝わる、歌で心の病を癒やす文化

馬頭琴やモンゴルの文化を調べていたら、興味深い話を見つけました。最近読 ...

胡弓の歴史を辿り…

動物の骨と皮、そして毛から作られたという原始・馬頭琴。

そんな伝説がいくつかあるなかで、まさに!

馬の骨で作られた馬頭琴に出会いました。。。

馬を大切にする文化のなかで

胡弓のルーツを求め、本でWEB ...

胡弓の歴史を辿り…, 音楽のチカラ

授乳を拒否する親ラクダ

とある音楽をきくと涙を流し

子どもにお乳を与えるように。。。

授乳拒否するラクダに奏でる音楽(モンゴルの文化

馬頭琴伝説を調べながらみつけた、興味深い話があります。

音楽雑記

日本唯一の擦弦楽器、胡弓。

マイナーな楽器を、はじめた理由は大きく3つあります。

・和楽器を学びたかった
・和楽器の中でも弦楽器がよかった
・持ち運べる楽器がよかった

この数年、この ...

胡弓の歴史を辿り…, もののね

蒸し暑い名古屋の8月、自宅にて。

まわる扇風機の前で胡弓の練習をしようとしたら、弱風が胡弓の弦をゆらしていつもと違う音が出た…

何とも生活感のある体験を暑い名古屋の自宅で体験した私ですが、これのモンゴルバージョ ...

胡弓の歴史を辿り…

馬頭琴伝説を紹介するのはこれにて終了。

前回は長めでしたが今回は短文です。

とても素朴なお話なのです。

素朴な伝承

舞台は広大なゴビ砂漠。

ゲルの外でなにか音がする。

見れば馬 ...

胡弓の歴史を辿り…

馬頭琴ネタが意外と続いてびっくりしている三回目。

今回は、少年と馬の交流が織りなす馬頭琴伝説です。

書籍『「スーホの白い馬」の真実 モンゴル・中国・日本それぞれの姿』※で紹介されていたもう一つの伝説です。